阪神淡路大震災から20年

もう20年も経つのかと最近テレビを見ていて思う。阪神淡路大震災が起こったとき、私は、自宅の2階で寝ていた。震源地からは、150キロ以上あったけど、経験したことのないような揺れを覚えている。結局、自宅周辺は、震度3で、普通に学校にいったっけ。でも、帰宅してテレビをつけると、火災がおちらこちらで起こる神戸の街があった。
東日本大震災のときは、会社にいた。15階にいたので、フワーという揺れで、気持ちが悪くなった。そして、大津波の映像。今でも、あそこで亡くなった人がいると思うと、胸が締め付けられる。
震災が風化しないようにってメディアでは言っているけど、伝承ではやっぱり体験した感覚には及ばないだろう。両震災とも被災したわけではないけど、あのときの恐怖はなんとなく体が覚えている。